就職活動とTOEICについて

大学生の方が、就職活動をされる際に、役に立つと思われる資格としてTOEICがあります。このことについてお伝えしておきます。それは、就活までに取っておけば良かったという資格の中に入っているからです。実際に、ほかの資格よりもTOEICの資格を持っていて有利だったといわれる方がおられるのです。それから、就職活動の際にもこの資格を取得されている学生というのは、全体の約半数もおられるのだそうです。そこで、度の程度のものを持っているのがベストなのかというと、通常で600以上がベストだといわれています。そのほかにも、幅広く考えるのであれば英語検定の準1級程度を持っていることが資格として役に立つとのことです。TOEICと英検の場合では実用性と幅広い知識というように意味合いが違ってくるのだそうです。こういったことを知った上で取得されてみてはいかがでしょうか。

積極的にTOEICを受けましょう。

TOEICという言葉は多くの方が聞いたことがあるかもしれません。有名な英語のテスト、試験であり、この点数が社会の中では大きく評価されています。1000点満点のもので、そのうち何点取れたかということが非常に重要になってくるのです。内容はマークシート形式ですが、リスニングテストが含まれており、比較的こちらのテストが難しいと言われています。しかしこれは勉強をすれば点数がとれるもので、就職活動のときに大きく評価されたり、会社の中で何点取るのが必須と決まっているところもあります。それほどまでに、このTOEICの点数というものは高い点数をとればとるほどよいことがあるのです。対策講座なども積極的に行われており、一生懸命勉強をすれば点数をとることができます。難しい部分もありますが、日本人が英語により親しむためには積極的に取り入れていくのがよいでしょう。

TOEICと英検両方を同時に勉強する

多くのビジネスパーソンがTOEICを勉強していますが、もう少し英語が出来ると見せたいのであれば、英検の資格も取るのが良いでしょう。英検は学生向きに見られますが、英検の場合、聞く、読む、話す、書くの4技能を測るテストなのでとてもバランス良く勉強できます。日本の企業はTOEICの点を目安に英語力をチェックしますが、英検準一級以上も併用して持っていると英語ができる印象をアピールしやすいです。特に英検1級はTOEIC900点以上よりも難しいと思われているので、英検1級を取ると人の見る目が変わってきます。しかし英検は級が上がるごとに受験料が上がるため、簡単に受験しにくいです。特に英検1級は合格する気で受けないとお金がもったいないです。また、英検は問題集が限られており対策本が少ないので、英字新聞を読んだり、NHK語学番組を利用するなど勉強方法に工夫が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*