TOEICで満点を目指さないのであれば

余程の英語力がない限りは、TOEICで満点を取ることは難しいでしょう。試験専用の対策もしなくてはなりませんし、余程の自信がない限りは個々人で目標点を定めていると思われます。そんな目標点を定めている場合には、全問正解する必要がないことも改めて確認しておきましょう。TOEICの問題の中にも、点数を稼ぎやすいパートとそうでないパートがあります。また、同じ傾向の問題の中でも難しい問題にあたった時には、時には捨て置くことも必要となるでしょう。つい解こうと意気込んでしまうかもしれませんが、下手に時間をかけて解くよりもある程度妥協して問題に挑んだ方が効率的なのです。満点を目指すのでない限りは、この方法も活用して点数を確保していきましょう。最終的な点数はよくなっているはずですし、満足のいく点数が取れるはずです。

TOEICの試験の内容

TOEICは国際コミュニケーション英語能力テストとも呼ばれる試験のことです。この試験では、リスニングとリーディングの能力を測定しています。試験はマークシート方式で、リスニングとリーディングそれぞれ100問ずつ出題されます。制限時間はリスニングが45分、リーディングが75分の合計120分です。リスニングで出題される問題には、会話問題や応答問題などがあり、会話やナレーションが1度だけ放送されます。リーディングで出題される問題には、穴埋め問題と読解問題があり、文章を読んで解答します。この試験では、和訳問題は出題されません。試験の結果は合格と不合格ではなく、5点刻みのスコアで表示されます。TOEICを受験することで、英語力をアピールしたり、自分の英語力を把握したりすることができ、就職や進学などに役に立つというメリットがあります。

TOEICで自分の得意なパートを選ぶ

英語の資格の中でも代表的なTOEICですが、同じような問題ばかりではなく違う傾向の問題がそれぞれ出題されます。そんなパートごとに問題が違うからこそ、自分の得意なパートを作っておけば有利に問題を解き進めることができるのです。そこで、自分が得意になれそうなパートを見つけてみましょう。特におすすめなのが、パート1や2です。これらのパートは他のパートと比べて覚えることが少なく、また短期間で慣れることのできるパートでもあります。全問正解したいとなるとまた違いますが、安定して高得点を取りたいなら目を付けておきたいパートといえるでしょう。特異なパートが一つできるだけでも、点数は跳ね上がるようにアップするはずです。自身のやる気の向上にも繋がるので、一度問題を解いてやりやすいパートを探してみましょう。そこから対策は始まるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*